タイムリミットは夜の7時

 -Are You Ready For The Night?

UUG六本木決戦 昼

*1

アプガの存在を意識しはじめたのは、今年のTIF。
特にライブを観たというわけでもないのに注意を惹かれたそのきっかけは、ファンの存在感。
…というよりは「(仮)」と書かれたあのTシャツのインパクトのデカさ
単純に絶対数が多かったこともありましたが、何よりも目立つ。あのTシャツ、大正解だったと思います。
それからというもの、アプガのライブは年内になんとしても行かなくてはなぁーと思ってまして。ようやく行ってきたわけです。

1. Going my ↑
2. イチバンガールズ!
3. マーブルヒーロー
4. バレバレ I LOVE YOU
5. リスペクトーキョー (新曲・初披露)
6. チェリーとミルク
7. カッコつけていいでしょ!
8. You're the best
9. Beautiful Days!
10. 夕立ち! スルー・ザ・レインボー
11. なめんな! アシガールズ
12. サバイバルガールズ
13. Burn the fire!!
14. Rainbow
15. チョッパー☆チョッパー
16. UPPER ROCK
17. お願い魅惑のターゲット
18. アッパーカット!
19. ストレラ〜Straight Up〜
【アンコール】
1. サイリウム
2. Dateline
3. End Of The Season
*2
参照元:サプライズ連発でメンバー涙! アップアップガールズ(仮)六本木ライヴをレポTOWER RECORDS ONLINE

セットリスト、半数以上わからない曲で、何曲やったのか思い出せないくらい凄まじい曲数だったなと思ってたのですが…こんなにやってたとは。
インストアか対バンで様子見してからワンマンに乗り込むのが定石だと思うんですけど、いきなりワンマン乗り込んじゃったので情報量多すぎて処理しきれてなく。
メンバーの名前と色と顔を一致させるのが精一杯というところでして。。。

その中でも、上手にいたこともあるんですが、"あかりん"こと佐保明梨ちゃん(黄色)は攻撃力高かった(二重の意味で)。
冒頭の自己紹介にて、特技の空手で板を三枚割ってみたりとか。
アプガの歌唱力は、だいたい拮抗してるように思えたんですけど、中でも"セッキー"こと関根梓さん(オレンジ)は1人突き抜けてました。

新曲「リスペクトーキョー」は、田舎の女の子がアイドルに憧れる妄想をひたすら綴っただけの歌詞、というなかなかの怪曲なんですけど、前述通りアプガの曲をほとんど知らない状態で臨んで、それでも、今ですら振りとメロディ覚えてるくらいにはインパクトでかかったですね。

しかし、今年だけでシングル8枚も出して波に乗ってるアプガですが、勢いだけでなく実力も兼ね備えてる、と感じました。とにかく総じて攻撃力が高い。
また、現場の雰囲気が独特で、個人的には非常に新鮮。

アンコール後のMCにて、タワレコのフルキさん(初めて来た僕にとっては「誰だよw」と思いましたけど)が「フルキコール」の中登場し、その後さらに「イクオコール」の中、後ろの方で観てたタワレコの嶺脇社長も登場!あのカンペの演出面白いですね。

で、そこで

・1stAlbum『ファーストアルバム(仮)』が1/30に発売! (女子流3rdと被ってる…)
・アプガ対バン行脚が決定!(新潟(ネギ)→仙台(Dorothy)→愛媛(ひめキュン)→福岡(LinQ)→東京(????) )
・横ブリでの3rdワンマンライブが決定!

がサプライズとして発表されました。
アプガはシングルあまりにも出し過ぎてて集めにくかったので、アルバム出してくれるのは大変嬉しい。(でも女子流3rdと被っ(ry
そして「対バン行脚」はかなり面白い企画。各地のロコドルの雄たちのアウェーに乗り込んで戦うというもので、なんだかスポーツ的で楽しそう。
しかしネギ、Dorothy、ひめキュン、LinQて1つ残らず強敵ですがアプガ大丈夫なのか!?

その中で、「東京決戦」の対バン相手がシークレット。
そこで、嶺脇社長の「何処と戦いたいですか?」との質問に、"まぁな"こと新井愛瞳ちゃん(青)「東京女子流さん」で最初に名前出してもらったのは嬉しかった。東京だから挙げたのかもしれませんが。
社長曰く、「かなりの大物」で「ハロではない」*3そうなので、選択肢かなり限られてて、女子流である可能性かなり高そうですが…?
でもこの場で出ちゃったので逆になさそうかもですが、当てられちゃったって可能性もありますね。

社長、新井ひとみ新井愛瞳の絡みが観たいです!!


…以下、個人的なお気に入りの曲を。


↑「UPPER ROCK」
やっぱこの曲はかっこいい。アガります。
しかしダブステップのオケに「ウリャホイ」入ってたのはすごいなとw
あらゆるジャンルを呑み込むアイドルソングのすごさを再認識。


↑ 「サイリウム
アンコール後にやるのが定番なんでしょうか。
アイドルがアイドルファンの振るサイリウムについて歌うという「メタ・アイドル」的であり、ファンへのメッセージのようにも受け止められる曲で、そういう点でも興味深いし、単純に良い曲ですし、ファンも高まるだろうなぁと。
これがまた歌詞が良いんですよね。

「♪ 持ち方とか振り方とか色々 あるけれど みんなキラキラな星だよ
あなたいれば It's All right どんな色でもかまわない
握ったその手 離さないでね」

この二番の歌詞がすごく好き。
「握ったその手 離さないでね」ってJpopではもうあまりにもありふれてしまった歌詞だと思うんですが、それをこの文脈で使うとこんなに響くものか、と。

余談ですけど、色分けしてるところとか勢いが尋常じゃないところとか諸々が某紅白出場アイドルに似てるなぁと感じたのですが、色分けがあると、サイリウムの振り甲斐もあるし、推しのTシャツ、タオル等で完全武装できて、なんだか楽しそうだなぁと羨ましく思ったり…(笑



関連
BARKS|【ライブレポート】アップアップガールズ(仮)が、自分たちの過去との戦いへ。聖地・横浜BLITZ公演決定
TOWER RECORDS ONLINE|サプライズ連発でメンバー涙! アップアップガールズ(仮)六本木ライヴをレポ

*1:終わってから撮ったので暗いのですが、昼の公演に参戦しました。

*2:多分、セットリストは昼夜同じ?

*3:下克上もアリだよ、との観客の声から「モーニング娘」が挙がりましたが、社長が即否定しました(笑

広告を非表示にする

cackle7pm