タイムリミットは夜の7時

 -Are You Ready For The Night?

2013年アイドルシーン展望

2012年のアイドルシーン、アイドル楽曲大賞2012の結果を踏まえつつ、2013年のアイドルシーンの展望をちょこっとだけ。



メジャーアイドルは成熟期、転換期に突入か。


2012年を振り返る、に書いた通り、2012年終盤には現在のアイドルファンのパイは分配され尽くされつつある?という感覚がしています。
しかしながら、現在も行われているアイドル横丁祭(1/2,3)の出演アイドルやその他インディーズアイドルは、まだまだ盛り上がっていく可能性が高いと思います。
また、女子流が三周年を迎えることをはじめ、群雄割拠している既存アイドルのどこもが成熟すべき時期を迎えることで、それぞれに転換期が訪れるのではないかと。


舞台は非関東圏へ。 -ロコドルの更なる活性化、メジャーアイドル全国戦略-


女子流のツアーや、アイドル乱舞をはじめ、アプガの対バン行脚などなど。
パイは配分され尽くされたか、とは書きましたけれど、まだまだ地方は開拓され尽くされていないのでは。
そのため、東京を拠点とするメジャーアイドルの地方進出が、去年以上に増えていくと思われます。
また新潟・仙台・福岡・愛媛以外にも強力なロコドルが生まれる/盛り上がっていくのではないかと予想。特に大阪が熱源たりうるか。


"楽曲派"アイドルは増えていく? -トマパイが残したもの-


"散開"しながらもアイドル楽曲大賞において二冠を達成、アルバム「PS4U」がミュージック・マガジンで2012歌謡曲/J-POP部門年間1位を獲得など、確実にアイドルの歴史に名を刻みつけたトマパイ。2012年の終盤で急に各方面から再評価されたことは、ある意味2012年のアイドル業界の総まとめのようでもあり、それでいて2013年を予言するような象徴的な出来事だったように思えます。
というのも、仮に2012年がパフォーマンス偏重の最盛期だったとすれば、2013年のアイドル・シーンで次に起こることは"楽曲派"アイドルへの転換・増加ではないかなと思っていて。2012年にアイドルシーンを盛り上げたアイドルって、それこそ楽曲大賞で評価されたトマパイやT-palletのアイドルたち、ロコドルだと思うわけです。特に、トマパイやBiS、アプガ、ライムベリーあたりが評価されたことによって、”楽曲が良ければ注目される”ことをインディーズアイドル運営は学んだのではないかと思ってて、とりあえず一端は増加するのではないかなぁと予想します。が、それが即ブレイクに繋がるわけでもないのですが……。

個人的には、"アイドルである必然性"というのをものすごく重んじていて。
トマパイはアイドルという文脈から考えれば、ある種奇跡的な存在だった。トマパイがアイドルたりえたのは、三人の空気感であったり、プロデューサー陣の類稀なるアイデアのたまものであって、誰もが真似しようと思って即トマパイみたいな完成度の高い”楽曲派アイドル”を作ることは難しいと思ってます。
要するに何が言いたいかといいますと、"安易な楽曲派アイドル"はすぐに淘汰されるだろうな、と。


ももクロ、BABYMETALが何処まで快進撃を続けるかが2013年アイドルシーンの最初の注目点か?


ここ数年、ずっと天辺でアイドルシーンを支え続けてくれている某アイドルさんですが、去年の動向だけ眺めてると閉塞感しか見えず。
というのは別にdisりたいわけではなくて、天上が落っこちそうとまでは言わずとも、某アイドルさんだけを頼りにするのはもはや難しいかもしれないなと。
そこで他に新しく天上を支えていくのは何所かといえば、とりあえずはももクロさんだと思うわけです。
紅白出場効果がどこまで行くのか。2ndアルバムに期待。

続いて、BABYMETAL。最近のメディア攻勢や対バン出場具合がハンパなくて、3人の負担を心配してしまうほどなんですけども。
去年の伸び曲線と終盤にかけてのメディア攻勢をみる限り、ももクロに次いで世間一般に対して(ついでに言えば海外に対して) 訴求力を持ってるのはBABYMETALかなと。
1/9に発売されるIDZが何所まで伸びるのか。

ちなみに、女子流に関していえば、本当はもう一年待ちたいところだけど、そろそろ踏み込まないとまずいかもな、、という状況にある気がしてます。
「Limited Addiction」「鼓動の秘密」「ヒマワリと星屑」並みの素晴らしい楽曲が完成してしまったら、それはもう"ブレイクさせる"起爆剤にせざるをえない環境にあるのでは。アイドル楽曲大賞の結果や、TIFでのアスタライトの多さを見る限り、アイドル界において女子流の地力がトップクラスなのは間違いないので、”いつ攻勢をかけるべきか”のタイミングだけが問題なのかなぁと。。。



以上、あくまでも個人的な2013年アイドルシーンの予想でした。
またロコドルの躍進について付け加えるのであれば、個人的にはアイドルが野球やサッカーのように"サポーター化"したら面白いのになぁとずっと思っていまして。
いつか”オタ”でなく"サポ"と呼ばれる時代が来たら良いなぁ、なんて夢見てたりして。



関連
2012年のアイドルシーンを振り返る
アイドル楽曲大賞2012について

アイドル横丁|「新春アイドル横丁まつり!!~2013~」
YahooJapan|<13年注目アイドル>ポストももクロは? 異色のメタルアイドルに実績の女子流

広告を非表示にする

cackle7pm