読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タイムリミットは夜の7時

 -Are You Ready For The Night?

The Road to Graduation Ⅲ @下北沢GARDEN

さくら学院 LIVE

2/16 @下北沢GARDEN
『The Road to Graduation Ⅲ ~Happy Valentine Thank you for your smile~』
①OPEN 14:30 / START 15:00 ②OPEN 18:00 / START 18:30
〈セットリスト〉

1.WONDERFUL JOURNEY
2.チャイム
3.Hello IVY!
4.Song for smiling

〜Valentine特別企画〜
5.バレンタイン・キッス
6.チョコレイト・ディスコ
7.ふわふわ時間

8.オトメゴコロ。
9.Planet Episode 008
10. 夢に向かって

〜ENCORE〜
11. My Graduation Toss(初披露)
12.マシュマロ色の君と

昼公演のみ参加。
さくら学院本隊のライブとしては、昨年10月末以来の、そしておよそ二年ぶり(らしい)オールスタンディングライブ。僕は昨年の7月がさくら学院デビューなので、さくら学院のオルスタライブはTIFを除けば初めて。どんなライブになるのかなぁ〜と期待いっぱいで参戦して参りました。

結論からいえば、「The Road to Graduation」*1と銘打たれたすー会長の卒業に向けての公演として、絶好のスタートを切ることができたのではないかと。学院祭以来の、およそ4ヶ月ぶりのライブとあって、前方のファンのさくら学院を希求する」エネルギーも物凄いものがあったし、メンバーたちも久々のさくら学院公演というだけあって、(やるぞ!)という強い気持ちがひしひしと伝わってきました。オルスタライブということもあり、程良い緊張感も漂う中で、メンバー・ファン双方のエネルギーがぶつかり合い、素晴らしいライブ空間が生まれていたと思います。


整理番号順の入場で、40番台で前方下手三列目くらいをゲット。
最前の方々の身長もそこまで高くなく、視界良好で理想的かつイメージ通りのポジションだったのですが、、
思った以上にステージ近い‼
メンバーが登場するや否やあまりの近さにどぎまぎしてしまい、一体どこを見れば良いのかわからない、というかどこを見ても幸せすぎる光景。これはヤバいぞ…!と動揺してフラッグ振るのをうっかり忘れてて、いざ旗を振ろうと思ったら、いつの間にか一度手を上げたら降ろすのが困難な程度の圧縮度です。ベビメタ鹿鳴館はこんな感じの圧縮度だったなぁと思い出しながら、申し訳程度に旗振りしました。
それでも、さくら学院現場らしい紳士な空気は守りつつ、少なくとも初日昼の僕の周囲は平穏なオルスタだったなぁという印象です。


バレンタイン企画


本公演は「Happy Valentine〜」と銘打ってあるだけあり、バレンタイン的なMC、企画が盛りだくさん。中でもバレンタイン・スペシャルメドレーはレアでしたね〜。
それぞれのユニットの構成は以下の通り。

バレンタイン・キッス
まり菜・來麗・最愛・友那乃・咲希

チョコレイト・ディスコ
日向・由結・華

ふわふわ時間
すず香・寧々・莉音・愛莉鈴

これもアミューズならではの選曲ですね。
また、昼公演のMCのバレンタイン話は。

・日向「モテモテで、10個?くらい貰った。多分皆さん(会場)よりも沢山貰ってる」→「皆さんはいくつもらいましたか〜」会場「ゼロ〜!」「(^^;)」etc
・すー・ねねどんは作る作る詐欺をしてて日向(だったはず)は貰ってない。→ねねどん他人事。
・愛莉鈴が14日でなく8日に配った理由は、それ以降に作る時間がなかったのと、渡すのが遅くなると上手い人たちに敵わないので恥ずかしいから。
・來麗審査員による「チョコが一番美味しかった賞」は、悩んだ結果咲希ちゃんに。 由結c「咲希ちゃんらしく小さく可愛かった〜」←咲希&由結cで身長合戦的なジェスチャーをする。(これ間近で見てたのでやばかった)
・由結ちゃんのケーキは本人曰く「由結は大きいから」大きいケーキで、レアチーズを挟んだタルトのケーキ。
 日向「半分くらい寧々が食べた」→会場「太るぞ〜」→ねねどん「そのエネルギーを皆さんに与えるから大丈夫なんです!」

夜は夜で他の面白い話があったようで、ちょっぴり悔しいです。
華ちゃんの「歯が折れるほど硬いから!」と言いながら配って回ったというエピソードは、又聞きでも最高に面白い。


Planet Episode 008



↑Planet Episode 008 (2012/3/3)

たぶん、2012年すず香会長体制では初めて?だったのではないでしょうか。
もう見れないものかと思っていたので、この曲が観れただけでも大満足。
冥王星のパートで三吉さんが色っぽく「秘密だらけの存在〜」と歌うパートをねねどんが引き継いでて(おっ)と思いました。その直後のすーちゃんのビブラート強めの「今はもう太陽系じゃないの〜」、好きです。(笑
また木星を担当するまり菜さんの「わたし木星が紹介しました〜」からのぐるぐる回っていく振り付け、最高の一言。

昼公演でPlanet Episode 008が行われたので、もしや「さくら百人一首」も夜か吉祥寺でやるのか!?と思ったのですが、流石にそれはなかったみたいですね。。
歌詞の問題で難しいと思いますが、いつかやってくれないかなぁ〜。。


My Graduation Toss



↑「My Graduation Toss」Short ver.

今回初披露。the brilliant green及びTommy february6/Tommy heavenly6川瀬智子さん作曲とあって、キャッチーで疾走感のあるブリグリ節のロックチューン。
会場で配っていた冊子のインタビュー記事の中でのまり菜さん曰く、
「春になると感じる卒業の切なさとか、送り出す側と送られる側の感情がすごく丁寧に入っている」曲。
良い曲ですね〜。すー会長以外でアーチを作って、すーちゃんがくぐって行くところ、卒業式では涙なしには見ていられないでしょうね。
個人的には、どこだか忘れてしまったのですが、この曲の振りの中ですーとねねどんがおでこくっつけ合うシーンが最大のハイライト。
髪を汗で湿らせた2人が心から楽しそうに額をくっつけ合うんですが、その時に発生する衝撃波みたいなものがダイレクトに伝わってきて、危うく昇天しかけました・・・(笑
これに関わらず、FRIENDSとかその他色んな曲でメンバー同士が向かい合う場面が多くて、そういう時の表情にメンバー間の絆が表れてますよね。MIKIKO先生恐るべし。

f:id:cackle7pm:20130220023030p:plain

今更MVについてですが、Vo.すず香 Gt.日向 Ba.寧々 Key.まり菜 Dr.來麗というさくら学院軽音部の配役、それぞれピッタリすぎて素晴らしい。

f:id:cackle7pm:20130220023844p:plain

個人的には、このねねどんの異常に長いソロショットと、サビ部分で会長、中二4人組以外がオルゴールのように回るシーンで、愛莉鈴が1人だけ背後に配置されてるのがツボです。早くフル尺で見たい!


その他ライブ雑感


久々/オルスタということで、少なくとも昼公演では緊張しているメンバーも多かったですね。
友那乃ちゃん、僕の中ではすごく堂々としている印象が強かったのですが、自己紹介の時にすごく緊張しているように見えたのが意外でした。オルスタの会場だと、演者からみれば雰囲気が全然違うのでしょうねー。
すー会長も冒頭から「学院祭のライブ」と”以来”を抜かして言ってしまったり、終盤でも「テンパってる」と言ったり。
しかしながら、公演数が少ないからこその久々であり、それが却って程良い緊張感を生んでいて、だからこそより良いライブになったのではないかなぁーと感じていて。こういう点もさくら学院の良いところだと思います。

また、上述したすーちゃんの言い逃してしまった場面で、日向が「学院祭のTシャツ着てる人がいるから間違っちゃったんだよね〜」と素早くフォローしてたり。バレンタインエピソードのMCや最後のライブの感想も中心的に回していて*2、MC部分ではかなり場のコントロールを担っていた印象。
歌唱の面も伸びやかで声量もあって成長を感じさせてくれましたし、科学部を通してなのか、伸びてるなぁ〜と感じさせてくれました。
(実のところ、日向は下手側にいることが多かったので度々目があってしまい、その度に魂持って行かれそうになりました… ←)
また科学部の影響か、他のメンバーが喋ってる中で莉音とこそこそ喋っていたりして、実に微笑ましかった。

來麗、MCなんかだとそこまで目立つ発言はせず大人しいですけれど、ライブしてる時の表情は本当にキラキラしていて、すごく楽しそうで。距離が近いだけあって、心から楽しんでいる感情が直に伝わってくるようで、見ているだけでこちらも嬉しくなるようなパワーがあります。
ねねどん、回し役はすー会長や日向に任せて、会場の後ろの方まで常に気を配っていて、ライブを楽しく盛り上げることに注力してた印象です。MCなんかではひょうきんなところが愛らしくて素敵。最後のライブの感想で、全員が台に上がって喋る場面があったのですが、「台に上がるだけでこんなに歓声もらえるんだ〜」と言っていたのが印象的です。というか、ねねどんに限らず、すー・日向・最愛ちゃんとトーク回しの上手いメンバーだらけで、さくら学院は本当に良い子が揃ってるよなぁと毎度感心してしまいます。

華ちゃんのバレンタインバージョン「愛してまーす!」(棚橋) はネタが分からなかったけれど、華ちゃんが楽しそうにしてたので良し。(←


オルスタの是非とか


前の記事(BABYMETALに刺激を受けてオルスタにしたのでは?)みたいなことを書いたと思うのですが、実際に中二メンバーが先生にオルスタライブがやりたい!とお願いしたそうですね。來麗が最後の感想の部分で言って、日向「そういえば(お願い)したよね〜」みたいな感じで触れていました。

僕は前方で美味しい思いをさせてもらったので、今後のオルスタの是非について何か言える権限はないんですけども。。
着席で見たい人も多いようですし、実際に着席スタイルがある程度さくら学院の特色であり良いところでもあるとは思うので、たまーにやる程度なら良いのではないかと。

と思っていたら4/30 GiRLS-PEDiA主催「女の子図鑑 vol.1」(すごい名前…)にて科学部/帰宅部の出演が決定したようですね。

公式→ http://www.universal-music.co.jp/onnanoko-zukan/

ユニバーサルミュージック主催なので、ユニバ所属のアイドル四組の対バンライブみたいですが、ベビメタも対バンから大きくなっていった経緯がありますし、これは期待がかかります。
個人的には科学部が出るのは妥当だとして、帰宅部!が出陣するということで、ゆるゆるな帰宅部が本気モードに入って、CD出しちゃったりするのかも!?とか考えたり。(ないか…
テニス部の動きが見えないのはもどかしいですね〜。

他にも、「第1回さくら学院 もしもしお悩み放送室」の開催が決まったりと、色々情報が出てきてますので、これからのさくら学院の動向にも目が離せませんね。


部活動といえば!
この下北/吉祥寺の二公演では部活動やらなかったみたいですけど、3/29渋谷クアトロの公演のタイトルは…『放課後アンソロジー』
この公演名からして、部活動中心の公演になったりとか、あるいはシャッフルユニットなんかも期待できますね。
まだ発売中みたいですので、検討中の方はお早めに〜。→ http://store.universal-music.co.jp/fs/artist/c/sakuragakuin

My Graduation Toss(初回限定盤A)(DVD付)

My Graduation Toss(初回限定盤A)(DVD付)

My Graduation Toss(初回限定盤B)(DVD付)

My Graduation Toss(初回限定盤B)(DVD付)

My Graduation Toss

My Graduation Toss


追伸:
久々な更新になってしまいすみません・・・(汗
実はベビメタZ公演の後インフルエンザにかかってしまい(恐らく公演後ロッカー空くのを待って汗だく薄着のまま長時間待機していたのが原因と思われる…)、一週間くらいぶっ倒れていました。。そのぶっ倒れてた反動で慌ただしくなり、そんなこんなでZ公演やら「約束」やらの記事が書けずに随分間が空いてしまいました。。
これらについては、恐らくいずれちゃっかり/こっそりと更新すると思います。
こんな感じでのろのろ細々と更新していく所存ですのでよろしくお願いします…。


〈参考〉
ナタリー|さくら学院、憧れのオルスタライブで新シングル曲初披露
学院日誌|2/18 全員「新しい挑戦に参加していただきありがとうございます!
     2/15 大賀咲希明日の準備は完璧です!
     2/14 杉崎寧々「チョコ食べ放題の日!?
     1/30 中元すず香一緒に汗を流しましょう(笑)

*1:なんだか女子流の「Road To Budokan」を彷彿させるタイトリング。

*2:ついでに言えば、公演前ナレーションも日向でした

広告を非表示にする

cackle7pm